こぐま兄弟舎 - 映画監督 小中和哉 - プロフィール

プロフィール Profile

1963年2月8日 三重県生まれ 立教大学卒 日本映画監督協会会員

小学生の頃から兄・千昭と共に8ミリカメラを廻し始め、数多くの自主映画を撮る。

成蹊高校映画研究部、立教大学SPPなどでの自主映画製作を経て、1986年池袋・文芸坐の出資による「星空のむこうの国」で商業映画デビュー。

1988年には日本ビクター製作映画第一作「四月怪談」を監督。

1992年、脚本家の兄・小中千昭と妻・明子と有限会社こぐま兄弟舎を設立(代表取締役=明子)。ポニーキャニオン、タカラと共同で映画「くまちゃん」を製作。

1997年、「ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影」でウルトラシリーズ初監督。以降、監督・特技監督として映画・テレビシリーズ両方でウルトラシリーズに深く関わる。

2003年には「アストロボーイ・鉄腕アトム」でアニメーションを初監督。

2013年、Bear Brothers Ltd.(こぐま兄弟舎)が製作に参加した「赤々煉恋」を監督。

現在、読売理工福祉専門学校放送学科非常勤講師。