「アストロボーイ・鉄腕アトム」

Astro Boy(2003~04 ソニーピクチャーズ+手塚プロ)

原作:手塚治虫
音楽:吉松隆
総作画監督:瀬谷新二

声の出演:津村まこと 勝田久 大和田伸也

世界マーケットを見据えてアメリカのプロデューサーやストーリー・エディターを立てて制作した。そのためストーリーの開発から絵コンテまでアメリカ側のチェックが入ったため、制作期間は3年以上に渡った。アトム誕生や青騎士のロボット独立戦争のエピソードを中心にしてアトムと天馬博士の葛藤を描いたシリアスな大河ドラマを縦軸にし、その間にバラエティ豊かなSF冒険活劇を挟んだ構成。アトムと天馬博士は父と子であり、創造主とロボットの関係でもある。父と息子の葛藤、人間がロボットに対して持つ潜在的な恐怖感(フランケンシュタイン・コンプレックス)を二人に投影させた。長谷川圭一、太田愛、村井さだゆきなど、平成ウルトラシリーズの脚本家が多数参加。全50本。