「七瀬ふたたび」

Nanase(2010 バンダイビジュアル+小椋事務所+IMJ)

原作:筒井康隆
脚本:伊藤和典
撮影:西久保
プロデューサー:小椋悟

出演:芦名星 佐藤江梨子 田中圭 吉田栄作 ダンテ・カーバー 平泉成

NHK少年ドラマシリーズでもドラマ化された筒井康隆の傑作SFを映画化。人の心を読む能力を持つ七瀬(芦名星)は次々と超能力を持つ仲間と出会うが、強大な敵に狙われ始める。後半部のバトル部分を描きつつ、各超能力者たちとの出会いを交錯させていく。ほぼ原作に踏襲した展開ながら、ラストシーンでは大胆な新解釈を加えた。芦名星扮する七瀬を筒井氏は「最も七瀬らしい七瀬」と評して下さった。吉田栄作扮する敵キャラクターの過去の回想シーンは8ミリフィルムで撮影し、映写機にわざとフィルムを詰まらせて燃え上がるのをデジタル撮影した。人の想念をシュールでアブストラクトなアニメーションで表現したり、実験映画的な手法も多用。